一枚板テーブルのある部屋のレイアウト事例集

一枚板のテーブルは木のぬくもりや自然の暖かさを与えるもので、部屋の雰囲気を大きく変える力があります。とにかくレイアウトがきれいで魅力的なもの、厚みがあって重厚感があるもの、家族を優しく包んでくれるようなものなど、本当に多くの目的があります。一枚板のテーブルのレイアウトは、基本的に中央に置くというのが基本ですね。その周囲に椅子をおいて家族の集いに使うというのがメインです。また、お客様をもてなすテーブルとして使う例や、背丈の低い椅子と合わせて一緒にローテーブルとして使うケースも見られます。具体的なレイアウトはその用途によっても違いますが、その一枚の美しさを活用するものだということは間違いありません。具体的にどういうレイアウトをするのか、見ていきましょう。

ダイニングテーブルとしての一枚板テーブル

多いのが、ダイニングテーブルとしての利用です。これは一枚板のテーブルをダイニングの中央に配置し、そのテーブルとセットの椅子を周囲に配置することで、家族の日々の食卓を演出するというスタイルですね。また、リビングの中央に置いて、子供の学習のための机にしたり、家事やリラックスタイムを過ごすためのテーブルにするというレイアウト方法もあります。オフィスであれば、たくさんの人が集まる会議室での会議机、もしくはフリーアドレス制の会社で自由に使えるテーブルのバリエーションの一つとして置かれていることもありますね。木のぬくもりがあり、会議室により温かみや穏やかさを与えることができます。設置する椅子はベンチを置くというのも方法です。横長の椅子なので、人数が増えても問題が出にくくなっています。

ソファーテーブルとしての一枚板

ソファーテーブルとしての利用もできます。これは高さがあまりないローテーブル、ダイニングテーブルなどとしての利用です。ソファーは全体的に背丈があまりなく、リラックスする時間のお供としてくつろぐ時間に使われます。この時、一枚板の背の低いものをソファーの前に置くと、より雰囲気がリッチになり、部屋をより快適に過ごすことができるのです。この時はソファーの色や雰囲気にあった物を選ぶのがベストですね。一枚板の場合、色や形はそれぞれ違いがあります。いろいろな素材やデザインを見て回り、部屋の雰囲気やソファー、ダイニングの雰囲気に合う物を選ぶのが一番快適でしょう。一枚板なら色や形も様々あり、面白いデザインや一枚板ならではの変形した独特のデザインを選べるのも嬉しいところですね。ちょっと変わった形を選ぶと、より雰囲気に小洒落た印象をあたえることができます。